« 銀座の『ダルマサーガラ』 | メイン | 新宿伊勢丹の『be(ビー)』 »

November 18, 2006

京都の『欧風料理 萬春』

column_060903.jpg「そうだ、京都行こう」と思い立つのは、なぜか秋。紅葉の美しさもさることながら、食欲旺盛の秋にはおいしい和食を食べに行きたくなるのかも。でも京都の美味は和食だけじゃありません。実は洋食、特に肉料理のおいしいお店が豊富にそろっているのです。

なかでも、芸妓さんや西陣の旦那衆、歌舞伎役者さんなど舌の肥えた地元人にも愛されているのが、「萬春」です。風情ある町並みが残る上七軒にあり、もともとお茶屋だったものを34年前、3代目の女将が京都ホテルで修業を積んだ弟さんをシェフに迎えて欧風料理の店としてリニューアルしました。必食の「ステーキサンド」4000円は、厚さ3cmはあろうかという分厚い和牛と、飴色になるまで炒めた玉ねぎをソフトな食パンで挟んだだけとシンプルですが、そのおいしさは芸術的。肉はしっとりピンク色の断面が美しく、澄み切った味わいと香りに思わず陶然となります。同じく和牛を使った「ビーフカツサンド」3990円も人気。正当派フランス料理をベースに、若狭のぐじや京湯葉など、京都の素材を巧みに生かしたメニューもお見事。京都の食事情の奥深さ、底力を感じる一軒です。

欧風料理 萬春
京都府京都市上京区北野上七軒
☎075-463-8598
営業時間/17時〜23時30分
水曜・第3木曜定休
地下鉄今出川駅より徒歩20分

Posted by 鈴木美和 : November 18, 2006 09:45 AM

コメント

コメントしてください




保存しますか?