September 03, 2006

『富士桜高原麦酒』のヴァイツェン

g_cup_060903.jpg残暑が厳しく、まだまだビールが手放せませんよね。真夏にはのどごし重視のライトなビールがいいけれど、秋はビール本来の芳醇な香り、豊かなコクをじっくり堪能したいもの。そこで断然オススメなのが地ビールです。今年、国内最大規模のビア・コンペティション「ジャパン・ビア・カップ」のボトルとケグ(缶)の両部門で金賞を受賞したのが『富士桜高原麦酒』のヴァイツェンです。

醸造士は100年以上の歴史を誇る、ドイツでも数少ない国家認定校「デーメンス醸造専門学校」で3年間学んだという本格派。味わってみると、小麦の甘みとホップのほろ苦さが絶妙なバランスを保ち、深い味わいですが後味はすっきり。しかも、パイナップルやバナナなど南国の果物を思わせる甘い香りが漂い、ビールとは思えないフルーティさに驚くはず。ビールが苦手な女性にもファンが多いのもうなずける逸品です!

●お取り寄せ方法
商品は電話、ファクス、HPから注文可。
電話 0555-83-2236
FAX 0555-20-3866
HP http://www.rakuten.co.jp/fujizakura/
価格 1本660円(500ml)※3本より注文可

Posted by g-chef : 08:12 AM | コメント (0)