« ベーベ工房の飲むヨーグルトとフレッシュチーズ | メイン | 『蟻月』の博多もつ鍋 »

October 26, 2005

パティスリー『パリ セヴェイユ』のコンフィチュール

最近、ちょっと有名なパティスリーを訪れると必ずといっていいほど置いてあるのが“コンフィチュール”と呼ばれる色とりどりのジャム。これまでの甘いジャムとは異なり、糖度を低めに、わざと火入れを軽くしてフレッシュ感を残したり、2~3種類のフルーツをブレンドしたり、スパイスやリキュールを加えて味わいに奥行きを出したりと、パティシエがそれぞれのテクニックやアイデアを駆使して、個性的な一品に仕上げているのが面白い。なかでも『パティスリー パリ セヴェイユ』金子美晴シェフの作るコンフィチュールは斬新でハッとするようなおいしさ!たとえば「バニラと黒胡椒風味・パイナップルのジャム」(1050円)はパイナップルの酸っぱさをバニラの甘い香りが包み込み、そこに大粒の黒胡椒の辛さがピリッと弾ける。甘いだけではない巧妙さと満足感がありますよ。パンにたっぷり塗るのはもちろん、柔らかい舌ざわりなので、私はヨーグルトにかけて朝食に楽しんでいます。

【お取り寄せ方法】
コンフィチュールだけで20種類ほどあり、ラム酒風味の牛乳のジャム、白ワインとレモン風味のブルーベリージャム、新しいものでは、なんとビールのジャムまで登場!全国宅配が可能で、注文は電話03-5731-3235で受け付けてくれる。
・東京都目黒区自由が丘2-14-5館山ビル1F
・10時~19時30分 
・無休 
・東急東横線ほか自由が丘駅より徒歩3分
オンラインショップでは焼き菓子も販売

Posted by g-chef : October 26, 2005 11:53 PM

コメント

コメントしてください




保存しますか?