g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
中華風かにおこわ
中華風かにおこわ
シェフ * 陳 建一
■ 材料:2人分/調理時間:50分

もち米・・・・1と1/2カップ
わたりがに・・・・1ぱい
枝豆(正味)・・・・50g
干ししいたけ・・・・1枚
茹でたけのこ・・・・50g
ヤングコーン・・・・50g
長ねぎ・・・・10cm
しょうが・・・・1かけ
ねぎ油(なくても可)・・・・小さじ1
スープ・・・・1カップ
オイスターソース・・・・大さじ1
紹興酒・・・・大さじ1
しょうゆ・・・・小さじ1
こしょう・・・・少々
塩・・・・少々
サラダ油・・・・大さじ2






Photo by BUNKASHUPPANKYOKU
料理コンセプト
おこわは通常、餅米と具を一緒に蒸しますが、ここでは蒸した餅米に、炒めた具を混ぜるのが特徴です。わたりがにの上品な持ち味に合わせ、軽やかな味付けで仕上げています。味の決め手は、かにのだしで煮込む具。具に使う野菜はじっくり炒め煮し、きちんと味を付けておきましょう。餅米は熱いうちに具と混ぜると、様々なうまみが米にしみこんでおいしくなります。せいろや蒸し器が使えない場合は、炊飯器を使っても上手にできます。
下ごしらえ
・餅米はといで3時間〜1晩水につけ、ざるにあげて水を切る。
・枝豆は茹でてさやから出し、薄皮もむく。
・干ししいたけはひたひたの水につけてもどし、みじん切りにする。
・すべての野菜としょうがをみじん切りにする

<わたりがにの下ごしらえ>
・わたりがにはお腹の三角の部分を手ではずし、そのまま引っ張って甲羅も一緒にはずす。甲羅の裏にあるみそ(黄色いもの)や卵(オレンジ色のもの)はとっておく。お腹の両側についた灰色のガニには取り除いて捨てる。かにの本体を4等分し、足は食べやすい大きさに切る。細い脚は縦に切り込みを入れ、味がよく出るようにする。
作り方
1. せいろ(または蒸し器)に入る大きさのバットに餅米を広げ、あればねぎ油をふって水をひたひたに注ぐ。蒸気の上がったせいろに入れて、強火で15〜20分蒸す。
TIPS 蒸し器には、必ず蒸気が立っている状態で入れましょう。これはどの蒸し物でも共通することです。
2. 中華鍋にサラダ油を熱してぶつ切りにしたかにを炒める。かにの卵やみそも大切な隠し味になるので、一緒に鍋に入れる。かにの殻が赤く色づいてきたら、長ねぎ以外の野菜を加え、炒め合わせる。
3. 全体に油がまわったら、スープを注ぐ。スープは鶏ガラでとったスープがあればベストだが、なければ干ししいたけのもどし汁に水を加えたものでOK。
TIPS わたりがにからもだしが出るので、わざわざ市販の中華スープを使う必要はありません。
4. 続いてオイスターソース、紹興酒を注ぎ、弱火で5分くらい煮る。
5. 汁気がほとんどなくなり、かにに火が通ったら、しょうゆ、こしょう、塩で調味し、かにを取り出す。
6. ボールに1.の餅米と5.の野菜、みじん切りにした長ねぎを入れてよく混ぜ、器に盛ってかにをのせる。
TIPS 餅米は蒸したてを野菜に混ぜると、全体に味がなじんおいしく、米もやわらかく仕上がります。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.