g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
えびのカナッペ
えびのカナッペ
シェフ * 陳 建一
■ 材料:4人分/調理時間:30分

むきえび……200g
プチトマト……8個
食パン(12枚切り)……4枚
サニーレタス……適量
塩、黒こしょう、タバスコ……各少々

[A]  
しょうが……小さじ1
にんにく……小さじ1/2
トマトケチャップ……大さじ4
豆板醤(トウバンジャン)……小さじ1/2
水……大さじ3


マヨネーズ……大さじ3
オリーブ油……大さじ2






Photo by BUNKASHUPPANKYOKU
料理コンセプト
洋風のパーティによく登場する前菜ですが、食べてみるとしっかり中華風。豆板醤とにんにくをほのかに効かせ、ビールはもちろん、紹興酒やワインにも合うカジュアルな味にアレンジしました。おいしく仕上げるコツは、えびの下ごしらえをしっかりしておくこと。ちょっと手間をかけるだけで、冷凍えびでもプリプリとしたやわらかい食感が楽しめますから、ぜひ試してみましょう。トーストの代わりにクラッカーを使えば、さらに簡単です。
下ごしらえ
・冷凍ものを使うときは自然解凍する。解凍したらボールにえびを入れ、塩少々と水大さじ4、片栗粉を大さじ2を入れて、えびをつぶさないようによくもむ。黒いぬめり(=汚れ)が出てきたら水でよく洗い流し、ふきんかペーパータオルで水気をふきとる。
・きれいに掃除したえびに、塩と紹興酒を少々ふり、卵白1個分を加えて卵白の水分がなくなるまでもむ。
・最後に片栗粉を少々ふって全体をざっくり混ぜ、そのまま5分置いてなじませる。
TIPS 片栗粉がえびの膜になって、茹でるときにえびの水分が抜けるのを防ぎ、えびがプリプリに仕上がります。この状態でラップすれば、冷蔵庫で半日は保存できます。
作り方
1. 鍋に1リットルの湯を沸かして塩をひとつまみ入れ、湯通しする感じで、えびをさっと茹でる。
TIPS えびは茹ですぎると堅くなってしまうので、色が変わったらすぐに引き上げて。水気をよく切っておきましょう。
2. プチトマトは横半分に切る。食パンは耳を切り落として4〜5cm角に切る。フライパンを中火で熱してオリーブ油をひき、パンを入れて両面をキツネ色に焼く。
3. フライパンからパンを取り出して[A]の材料を入れ、強めの中火で熱する。全体が煮詰まってブツブツ音がするまで、木べらで混ぜながら炒める。
4. 火を止めてからマヨネーズを加える。全体をむらなく混ぜ合わせ、塩、こしょう、タバスコを加えて味を調える。
TIPS フライパンを熱しながらマヨネーズを加えると分離してしまうので、必ず火を止めてから混ぜましょう。タバスコの量は好みで加減して。
5. パンにちぎったレタスを敷き、4.のソース、えび、プチトマトの順にのせる。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.