g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
かじきまぐろのインヴォルティーニ
かじきまぐろのインヴォルティーニ
シェフ * カルミネ・コッツォリーノ
■ 材料:1人分/調理時間:25分

かじきまぐろの切り身…約120g
玉ねぎ…1/4個(20g)
モッツァレッラチーズ…40g
松の実…15個
レーズン…15個
バジルの葉(細切り)…3枚分
タイム(みじん切り)…少々
生パン粉…大さじ2
フライ用パン粉(乾燥でも可)…適量
塩、こしょう、オリーブ油…各適量
トマトソース…適量






Photo by Hirokazu Mori
料理コンセプト
海に囲まれたシチリアでは魚料理が豊富。これはもともと海峡の港町・メッシーナの郷土料理ですが、おいしさが評判となってパレルモやカターニャ、トラパニなどでも作られるようになりました。インヴォルティーニとは魚や肉を薄く伸ばし、中に詰め物をした料理の総称で、イタリアではポピュラーな調理法です。シチリア名産のモッツァレッラチーズ、レーズン、松の実を使い、塩気、甘みがバランスよくまとまって洗練された味わいに仕上げました。
トマトソースの作り方
1. にんじん、玉ねぎ、セロリ各20gを乱切りにする。鍋にエクストラ・ヴァージン・オリーブ油を熱し、これらの野菜をしんなりするまで炒める。
2. ホールトマト缶1缶(約350ml)、バジル2枚、塩、こしょう各少々を加えて20分、軽く沸騰させながら煮込む。
3. こし器で野菜ごとこして出来上がり。
作り方
1. かじきまぐろは3等分に切り分ける。ラップに挟み、肉たたきなどで厚さ5mmに薄く伸ばす。
2. 玉ねぎは薄くスライスする。モッツァレッラチーズは1cm角に切る。レーズンは水でもどす。
3. フライパンにオリーブ油をひいて熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒める。
4. 3.の玉ねぎをボールに移し、モッツァレッラチーズ、松の実、レーズン、バジル、タイム、生パン粉を加えてよく混ぜる。
5. かじきまぐろの内側に塩、こしょうをし、4を等分ずつのせて巻くように包む。端をようじで留め、フライ用パン粉をまんべんなくつける。
6. フライパンにオリーブ油をひいて弱火で熱し、5の表面に焼き色をつける。そのまま200℃のオーブンに約10分入れ、中まで火を通す。
TIPS 途中で取り出し、かじきまぐろを押してみて、弾力があれば火が通っている証拠。白身魚は火を通しすぎると固くなってしまうので、モッツァレッラチーズがとける程度でOKです。
7. 皿にトマトソースを敷き、ようじを取って並べる。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.