g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
生うにと卵の小丼仕立て
生うにと卵の小丼仕立て
シェフ * 日高良実
■ 材料:3人分/調理時間:15分

トマト…小1個
ご飯…120g
オリーブ油…大さじ1〜2
パセリ(みじん切り)…小さじ1
塩、こしょう…各適量
卵…2個
生クリーム…50cc
うに…60g
いりごま(黒)…少々






Photo by Hirokazu MORI
料理コンセプト
冬から春先にかけておいしい、うにを使ったイタリア風小どんぶり。
鍋ひとつで手早くできますから、小腹がすいた時や、お酒を飲んだ後のシメにも最適です。
うにの力強い旨みが、まろやかな卵に包まれてやさしい味わいに。
さわやかなトマト、オリーブ油の風味をつけたご飯との相性も絶妙です。
ポイントは卵をとろりとした半熟に仕上げること。余熱で火が通るので、早めに火からおろしましょう。
下ごしらえ
・トマトはヘタをくり抜き、沸騰した湯に入れて5〜6秒たったら引き上げる。冷水にとって皮をむき、1.5cm角に切る。
作り方
1. 温かいご飯にオリーブ油、パセリ、塩、こしょうを加えて混ぜる。
2. ボールに卵を溶きほぐし、生クリーム、塩、こしょう少々を入れる。
3. テフロン加工の鍋か、油をひかない鍋に2を入れて中火にかけ、耐熱性のゴムべらで手早くかき混ぜる。
TIPS 早く火が入る外側から内側に向けて、ゴムべらで大きくかき混ぜるのがコツです。
4. 半熟状に固まってきたら弱火にし、トマト、うにを加える。全体をひと混ぜしたら、すぐに火からおろす。
TIPS この後も余熱で火が入るので、まだ少し早いかな、と思うくらいでちょうどいいですよ。
5. 器に1のご飯を盛って4をのせ、いりごまをふる。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.