g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
バーニャカウダ
バーニャカウダ
シェフ * 日高良実
■ 材料:2人分/調理時間:35分

にんにく…1株分
アンチョビ…にんにくと同量
牛乳…1カップ
エクストラ・ヴァージン・オリーブ油…約1/2カップ
好みの野菜…適量






Photo by Hirokazu MORI
料理コンセプト
にんにくとアンチョビ風味のオイルソースを野菜につけながら食べる定番の前菜。
発祥の地であるピエモンテ地方では生クリームとくるみを加えたバージョンもあり、イタリア各地でバーニャカウダ祭りが今でも見られます。
添える野菜はお好みですが、イタリアでは見た目が里芋、味がゴボウに似た「トピナンブール」(キクイモ)を使うのが一般的。
作り方
1. にんにくは皮をむき、半分に切って中心部の芽をとる。
TIPS にんにくの芽には苦味やえぐみがあるので、取っておきます。新にんにくの場合はとらなくても大丈夫です。
2. 鍋に1のにんにくを入れ、ひたひたになるくらいまで水を注ぐ。牛乳の1/3量を加えて火にかける。
3. 沸騰してきたら、吹きこぼれないように5分ほど弱火で熱し、ゆでこぼす。この作業を3回くり返す。
TIPS ここで、にんにくの臭みを丁寧に取り除きます。
4. にんにくをフードプロセッサーにかけるか、裏ごしをして別鍋に移す。すりつぶしたアンチョビ、エクストラ・ヴァージン・オリーブ油を混ぜて中火で熱する。
TIPS 『アクアパッツァ』では、「BALENA(バレーナ)」のアンチョビを使っています。

5. 好みの野菜を食べやすく切って皿に盛る。熱々にした4のソースをつけて食べる。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.