g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
なすのミートソースグラタン
なすのミートソースグラタン
シェフ * 日高良実
■ 材料:直径20cmのココット1個分/調理時間:35分

ミートソース…大さじ 6
なす… 2 本
モッツァレッラチーズ… 1/2 個
トマト… 2 個
バジリコの葉… 4 枚
パルミジャーノ・レッジャーノ(すりおろす)…大さじ 2
薄力粉…適量
揚げ油…適量
塩…適量






Photo by Hirokazu MORI
料理コンセプト
ミートソースは様々な料理に応用できます。スパゲッティーをラザニアに変えてもいいし、なすやじゃがいも、チーズを重ねてグラタンにしてもおいしい。ここにも日高シェフならではのコツがあります。トマトは種を取り除き、塩をふることで余分な水分が抜けて味が凝縮し、 なすは素揚げして香ばしさを引き出します。味の輪郭がよりしっかりした料理になるのです。大きな器で作ってもいいし、小さなココットで1人ずつ、おつまみ感覚で出すのも洒落ています。
作り方
1. なすはヘタをとって厚さ5mmの縦切りにする。軽く塩をふってしばらくおく。
2. 表面に水気が出てきたら、キッチンペーパーでふきとり、薄力粉を薄くまぶす。180℃に熱した油で軽く色づくまで揚げる。
TIPS 高温の油でないと、なすが油を吸いすぎてべったりとしてしまいます。
3. トマトは横半分に切って種をとり、さらに横半分に切って4枚にする。軽く塩をふる。
4. グラタン皿など耐熱皿を用意する。水気をふきとった3のトマト、バジリコの葉、パルミジャーノ・レッジャーノ大さじ1、なす、ミートソース、1cm 角に刻んだモッツァレッラチーズを順に重ね、最後に残りのパルミジャーノ・レッジャーノをふりかける。
5. 200℃に温めたオーブンに入れて約10分、こんがり色づくまで焼いて出来上がり。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.