g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
かれいの煮付け
かれいの煮付け
シェフ * 久田雅隆
■ 材料:1人分/調理時間:30分

目板がれい(他のかれいでも代用可)…1尾(約150g)
ごぼう…長さ10cm
しょうが…1かけ
昆布(かれいの身とほぼ同じ大きさのもの)…1枚
野菜くず(大根の皮など)…1枚
木の芽…適量

〔煮汁〕
だし汁…100ml
酒…1カップ
砂糖…大さじ1と1/2
しょうゆ…大さじ2






Photo by Ryosuke Negishi
料理コンセプト
「煮付ける」とは、肉や魚など動物性の素材を煮るときに使う言葉。一尾丸ごと使うときの悩みは、身が崩れたり、皮がはがれて姿よく煮るのが難しいこと。しかし、野菜と昆布があれば意外に簡単、尾まで美しく仕上げることができます。また、魚自体は裏返さず、そのままの状態で煮るので落し蓋が欠かせません。落し蓋は少ない煮汁で煮るとき、その煮汁を上下に返して素材に味を含ませるのに役立ちます。鍋に入れたとき、周りが2〜3cm空く、ひと回り小さいものが理想的。鍋とほぼ同じ直径のものだと、落し蓋が浮き上がってしまいます。
下ごしらえ
・落し蓋を水にしばらくつけておく。
・ごぼうは長さ5cmに切り、縦に四等分する。しょうがは細切りにする。
作り方
1. かれいは調理の直前に皮を包丁でこするか、布でふいてぬめりをとる。腹(白い側)を上にし、えらの横の、骨のない柔らかい部分にまっすぐ切り目を入れてワタを取り出す。
2. 腹の中をきれいに洗い流し、水気をふき取る。背骨にそって頭から尾に向かってまっすぐ切り目を入れる。
3. 今度は背を上にし、身の厚い部分に×印を書くように斜めに2本、中骨に当たるまで深く切り込みを入れる。続けて、金串で全体に軽く穴を開ける。
TIPS 飾り包丁を入れ、金串で穴を開けておくと、煮たときに身が縮まず、形が崩れにくい。味も入りやすくなります。
4. 小鍋に酒、だし汁を入れて強火にかける。2〜3分沸騰させたら火を止める。
5. かれいの身がすっぽり入る大きさの鍋を用意する。昆布を敷いてごぼうとしょうがをのせ、上にかれいを置く。かれいの尾の下に大根の皮などの野菜くずを1枚敷く。
TIPS こうすることで、かれいの身が鍋底や鍋肌にくっつかず、姿よく煮ることができます。
6. 4.の煮汁を入れて強火にかける。煮立ったら砂糖を加え、煮汁をかけながら火を通す。皮目の×印が開いてきたら、下にある野菜をはずして、今度はかれいの上にのせる。
7. 落し蓋をし、煮汁の泡が少しかかるくらいの火加減をキープしながら身に火を通す。
TIPS この火加減だと、煮汁に浸かっていない部分まで熱が回ります。
8. 強火のまましょうゆを加える。再び煮立ったら煮汁を味見し、味をととのえる。
9. 煮汁をかけながら身につやが出てくるまで煮る。器にかれいの頭を右にして盛り付け、ごぼうとしょうがを添える。煮汁をたっぷりはって、木の芽を飾れば出来上がり。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.