g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
山羊のチーズのロースト・タイム風味くるみサラダ添え
山羊のチーズのロースト・タイム風味くるみサラダ添え
シェフ * 石鍋 裕
■ 材料:4人分/調理時間:20分

山羊のチーズ(シェ−ブル)…4個
タイム(みじん切り)…少々
サラダ用の野菜(好みのもの)…適量
くるみ…50g

[ヴィネグレットソース]
ピーナッツ油…大さじ3
ワインヴィネガー…大さじ1
塩、こしょう…少々
バター…50g
パン(薄切り)…小4枚





Photo by CHUOKORONSHA
料理コンセプト
フランス名は「クロタン・ドゥ・シャヴィニョル・ロティ・オ・タン」。ここで使う山羊のチーズ「クロタン」の意味はなんと"山羊の糞"。奇妙な名前とは裏腹に、火を通すと驚くほどなめらかで上品な、官能的な味わいに変化します。もともと、堅くなってしまったチーズにタイムの香りをつけて焼く、残り物をおいしく食べるためのアイデア料理でした。それがちょっと手をかけることで、立派な前菜に大変身。軽めの赤ワインと好相性です。
下ごしらえ
・くるみはオーブンでローストする ・オーブンを220℃に温めておく。
・サラダ用の野菜は氷水でよく洗ってざるにあげ、水切りをする。冷蔵庫に入れてパリッとさせる。
TIPS 野菜を長く水につけすぎると旨みが逃げてしまうので、さっと洗う程度にしましょう。
作り方
1. ヴィネグレットソースの材料を合わせる。
2. チーズの上にタイムをふりかけ、220℃のオーブンで3〜4分ローストする。
TIPS タイムの爽やかな香りがアクセントになるので、できればフレッシュなものを使いましょう。
3. チーズを焼いている間にパンを焼く。フライパンにバターをひき、パンの両面をカリッと焼く。
TIPS パンはチーズと相性のいいバゲットやカンパーニュ(田舎パン)などがおすすめです。
4. 皿の中央にパンをおき、その上にローストしたチーズをのせる。まわりに野菜を広げてくるみを飾る。ヴィネグレットソースをかける。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.