g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
バインセオ
バインセオ
シェフ * 石鍋 裕
■ 材料:1枚分/調理時間:25分

小麦粉…40g
コーンスターチ…15g
上新粉…25g
砂糖…小さじ1
塩…少々
ターメリック…小さじ1/2
豚バラ薄切り肉…30g
小えび…3尾
玉ねぎ(薄切り)…20g
もやし…50g
万能ねぎ(小口切り)…少々
あれば、緑豆(皮をむいてゆでたもの)…少々
サラダ油…適量

〔ヌクマムのタレ〕
酢…25ml
砂糖…25g
ヌクマム…25ml
にんにく(みじん切り)…1かけ
赤唐辛子(みじん切り)…1本
あれば赤ピーマン(みじん切り)…少々

〔付け合せ〕
サニーレタス、大葉、ミント、紅白なますなど…適量





Photo by Hirokazu Mori
料理コンセプト
バインセオのおいしさは皮のパリパリ感。その秘密は上新粉です。日本の上新粉では仕上がりがもちっとするので、できればベトナム産か台湾産を使ってください。材料のターメリックとは黄色い粉末のスパイスで、バインセオが黄色いのは卵ではなく、このターメリックの色なのです。上手に焼くコツは低温でゆっくり焼くこと、生地はなるべく薄く焼きますが、中央を少し厚めにすると半分に折ったときに割れません。焼きあがったらすぐに食べられるようにタレや具の準備は先にしておきましょう。一口大にちぎって紅白なますとともに、大葉や葉野菜に包んでヘルシーにいただきましょう。
下ごしらえ
・緑豆をゆでる場合は、1時間ほど水につけてもどし、熱湯で30分ゆでる。
作り方
1. 小麦粉、コーンスターチ、上新粉、水130mlをボールに入れ、泡立て器でダマにならないようによく混ぜ合わせる。
2. 1に砂糖、塩、ターメリックを加えてさらに混ぜ、こし器でこしてなめらかにする。
3. テフロン加工のフライパンにサラダ油をひき、豚バラ薄切り肉と小えびを炒める。玉ねぎを加え、しんなりしてきたら具を重ならないように広げ、2の生地を流し入れる。
TIPS フライパンを揺らして生地を均等に薄く広げよう。具が底にくっつかないように注意。
4. ゆでた緑豆、万能ねぎをちらし、真ん中から手前にもやしを寄せてのせる。
5. 火を弱火にし、フライパンの縁にサラダ油をなじませる。蓋をして約3分、じっくりと蒸し焼きにする。
TIPS サラダ油はコットンなどに含ませて生地を縁どるように塗ります。これは生地が焦げないためと、後で折りたたみやすくするためです。
6. 皮にこんがりと焼き色がついたら蓋を取り、フライ返しで生地を半分に折る。強火にしてパリッと焼き上げる。
7. 皿に盛り、付け合せを添える。ヌクマムのタレを添えて出来上がり。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.