g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
スペイン風オムレツ
スペイン風オムレツ
シェフ * ホセ・バラオナ・ビニェス
■ 材料:8から10人分/調理時間:50分

じゃがいも(男爵)…大4個
玉ねぎ…1個
卵…8個
塩…小さじ1と1/2
こしょう…小さじ1/2
オリーブ油…合計大さじ6
飾り用セルフィーユ…適量

[つけあわせ]
トマト…2個
バジルの葉…1枝分
塩、こしょう、オリーブ油…各少々






Photo by Hirokazu Mori
料理コンセプト
スペインでは男性(学生から大人まで)もすすんで料理の腕をふるいます。なかでも、誰もが最初に作れるようになる基本の料理がこちら。それぞれの家庭でとっておきのレシピがあり、バル(居酒屋)では定番のおつまみだったりと、スペインの人々にとってなじみの深い料理です。シェフはじゃがいもを長時間炒めて、ほっくり感を出すのがポイント。卵の優しい甘さと溶け合って、オムレツのおいしさを再認識することでしょう。
下ごしらえ
・つけあわせを作る。トマトは1cmの角切りにし、手で小さくちぎったバジルと混ぜ合わせる。塩、こしょう、オリーブ油を加えて味を調える。冷蔵庫で冷やしておく。
作り方
1. じゃがいもは皮をむき、2〜3mm厚さの半月切りにする。水につけてアク抜きをする。玉ねぎは薄切りにする。
2. ボウルに水気を切ったじゃがいも、玉ねぎ、塩、こしょう、オリーブ油大さじ2を入れて、ゴムべらで全体をよく混ぜる。
3. テフロン加工のフライパンに2を一気に入れて炒める。弱火にして蓋をし、時々混ぜながら30分、じゃがいもがやわらかくなるまで蒸し焼きにする。
TIPS じゃがいもが多少型崩れしても気にしない。ただし、焦げると仕上がりが美しくないので、焦がさないように注意しよう。
4. 別の大きなボウルを用意し、卵を溶きほぐす。3の具をすべてボウルに加えて、熱いうちにすばやく混ぜ合わせる。
5. フライパンにオリーブ油大さじ2をひいて強めの中火で熱し、4の生地を流し入れる。そのとき、ボウルに卵液を少しだけ残しておく。
6. 中火強で混ぜながら全体を半熟状にし、形を整えたら弱火で焼き固めていく。フライパンと同じ大きさの皿を用意し、表面にオリーブ油をぬっておく。
7. 片面が焼けたら、皿をフライパンにかぶせ、フライパンごとひっくり返して皿にオムレツをのせる。
8. フライパンに再びオリーブ油大さじ2をひく。皿のオムレツをスライドさせるようにフライパンに戻し、もう片方の面をふっくら焼き上げる。その時、表面の凸凹に卵液を流して平らにする。
9. 皿に盛り、飾り用のセルフィーユ、つけあわせを添える。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.