g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
リコッタチーズとほうれん草のニョッキ
リコッタチーズとほうれん草のニョッキ
シェフ * 神戸勝彦
■ 材料:5人分/調理時間:25分

[ニョッキ生地]
リコッタチーズ…250g
ほうれん草…1束
強力粉…100g
パルミジャーノ レッジャーノ(すりおろす)…30g
卵黄…1個

あさり…500g
ブロッコリー…1/2株
トマト(ざく切り)…2個
白ワイン…50cc
にんにく(みじん切り)…1かけ
唐がらし…1本
オリーブ油…適量
塩、こしょう…各少々





Photo by REDAK
料理コンセプト
ニョッキはじゃがいもと小麦粉を混ぜておだんご状にしたパスタ。古代ローマ時代から食べられてきたもので、ソースをかけたり、グラタンやスープに入れたり、ほうれん草やビーツを混ぜて色と味のバリエーションを楽しみます。ほうれん草とリコッタチーズはとても相性がよく、ラビオリやカネロニの詰め物としてよく使われます。神戸シェフはこれをニョッキに応用。スパゲッティ以外のプリモ・ピアットで上級者の献立を目指してみてはいかがでしょうか。
下ごしらえ
・ブロッコリーをひと口大に切る。にんにくはみじん切りにする。
・トマトは沸騰した湯に約3秒つけて冷水にとる。皮をむいてざく切りにする。
・ほうれん草は葉だけを炒め、みじん切りにする。
・リコッタチーズはよく水気をきる。パルミジャーノはすりおろす。
作り方
1. ボールにリコッタチーズ、ほうれん草、パルミジャーノ、卵黄を入れて混ぜる
2. ある程度混ざったら強力粉を少しずつ加え、練らないようにざっくりと混ぜる。
TIPS 最初から強力粉を加えると粘りが出てしまうので、必ず後から加えよう。
3. 鍋に3リットルのお湯を沸かして、塩を30g入れる。2を絞り袋に入れ、竹串で2cm幅に切るように落としながら茹でる。
TIPS お湯がボコボコ沸騰していると、ニョッキがバラバラに崩れるので、沸騰直前で火を中火に落としてから茹でましょう。鍋の上で、一定の力を加えて絞り出しながら切り落としていくのがコツだよ。
4. 茹でている間に、フライパンににんにく、唐がらし、オリーブ油を入れて中火にかけ、にんにくの香りが出たらあさり、白ワインを加える。あさりの口が開いたら一度火を止め、あさりの半量を殻からはずして、実だけを鍋に戻しておく。
5. ニョッキが浮き上がってきたらブロッコリーを加える。約30秒でさっと茹で上げ、フライパンに加える。
TIPS ブロッコリーは食感を残すために固めに茹でるのがポイント。
6. さらにトマトを加えて再び火にかけ、ひとまぜしたら塩、こしょうで味を調える。
TIPS あさりに塩気があるので、塩を入れすぎないように注意しましょう。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.