g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
たっぷり野菜の小豆粥
たっぷり野菜の小豆粥
シェフ * 長坂松夫
■ 材料:2人分/調理時間:70分

米…90g
小豆…30g
白菜…20枚
長ねぎ…10g
菜の花…4株
マッシュルーム…3個
鶏ガラスープ…8カップ
塩…小さじ1/3
酒…小さじ2
醤油…小さじ1
白こしょう…少々





料理コンセプト
中国名は「蔬菜小豆粥」(シュー ツァイ シャオ ドォウジォウ)。生の米から作る粥は「ジォウ」といい、中国のポピュラーな朝食として今も親しまれています。通常、本場では野菜を入れませんが、そこは野菜を愛する長坂シェフ。小豆と季節の野菜で彩りも美しい、バランスのよい一品にアレンジしてくれました。菜の花がなければ小松菜やからし菜(その場合はゆでましょう)など、冷蔵庫にある野菜で応用してもOK。動物性の具をあえて入れず、上品で優しい味わいにしています。作り置きすれば忙しい朝にもさっと出せるのがうれしいポイント。食べれば心がほんわか穏やかになってきます。
下ごしらえ
・米は水洗いし、1リットルの水に2〜3時間浸す。
・小豆は水洗いし、1リットルの水に2〜3時間浸す。
作り方
1. 白菜、長ねぎ、マッシュルームはそれぞれ1cm角に切る。
TIPS 米、小豆との一体感が大切なので、同じ大きさになるように切ろう。
2. 菜の花の茎は薄く皮をむく。根から10cmまで十字に切り込みを入れて水につける。
TIPS 水につけると茎がくるくるっと丸まります。
3. 米と小豆は水をきり、鶏ガラスープとともに鍋に入れる。蓋をして弱火で50分、ゆっくりと煮る。
TIPS 米のでんぷん質を糊化させるので、あまりガチャガチャ触らず、決して煮立てないように注意しよう。途中で小豆のアクが出るのでしっかり取り除こう。この時点で止めておけば冷凍もできます。
4. 米と小豆が柔らかくなったら白菜、長ねぎ、マッシュルームを加え、さらに5〜6分弱火で煮込む。
TIPS 小豆を1個食べてみて、柔らかさを判断するのがコツです。
5. 塩、酒、醤油、白こしょうを加えて味を調える。器に盛り、菜の花を添えて出来上がり。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.