g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
白魚と菜種の玉〆
海の春と野の春を、ふんわり優しい玉子で包み込んで
白魚と菜種の玉〆
シェフ * 中村孝明
■ 和食/魚介類の料理
SHINSEI SHUPPANSHA (c) NAKAMURA Komei, Mizutani Kazuo 
■ 材料:4人分/調理時間:25分

白魚…100g
塩…適量
菜の花…12本
茹でたけのこ…小1本
木くらげ…適量

    [玉〆の汁]
一番だし…240cc
酒…小さじ4
みりん…小さじ4
薄口しょうゆ…小さじ4
木の芽…適量
下ごしらえ
・ 木くらげは水でもどした後、約2cm角に切り、2〜3分茹でてやわらかくする。
・ 白魚は水で洗った後、3%の塩水に浸す。
・ 菜の花は軸と葉に分け、食べやすい長さに切り揃える。サッと茹でて、冷水にとる。たけのこは食べやすい大きさに切る。
作り方
1. 鍋に玉〆の汁の材料を合わせて入れ、火にかけて温める。

2. 浅い鍋に、1人分ずつの菜の花の葉部分、たけのこを入れて、玉〆の汁をはり、火にかける。

3. 汁が沸いてきたら白魚を入れ、溶き卵を流し入れ、菜の花の軸と木くらげをトッピングする。

4. 蓋をして火を止め、卵が半熟になったら出来上がり。木の芽をあしらう。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.