g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
若竹椀
たけのことわかめの香りが上品な春のお吸い物
若竹椀
シェフ * 中村孝明
■ 和食/野菜・キノコの料理
SHINSEI SHUPPANSHA (c) NAKAMURA Komei, Mizutani Kazuo 
■ 材料:4人分/調理時間:35分

たけのこ…2本
米ぬか…20g
赤唐がらし…2本
塩蔵わかめ…20g

[たけのこの炊き汁]
二番だし…300cc
酒…大さじ2と2/3
薄口しょうゆ…大さじ1
塩…一つまみ

[わかめの炊き汁]
二番だし…300cc
酒…大さじ2
薄口しょうゆ…小さじ2
塩…少々

[吸い地]
一番だし…400cc
たけのこの炊き汁…40cc
わかめの炊き汁…大さじ2と2/3
塩、薄口しょうゆ、木の芽…適量
下ごしらえ
・塩蔵わかめは塩を洗い流して、もどす。
作り方
1. 鍋にたっぷりの水と、たけのこ、米ぬか、赤唐がらしを入れて茹で、鍋ごと自然に冷ます。冷めたら皮をむき、たけのこの炊き汁の材料とともに鍋に入れ、煮る。

2. わかめは戻して、茎を取り除いて食べやすい大きさに切る。わかめの炊き汁の材料とともに鍋に入れ、わかめをサッと煮る。

3. 吸い地を作る。一番だしに旨みの移ったたけのこの炊き汁とわかめの炊き汁を加え、塩、薄口しょうゆで味を調える。

4. 椀にたけのこ、わかめを盛り、吸い地をはって木の芽を添える。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.