g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
いかの塩辛
毎日混ぜるのがポイント。3日目が食べ頃
いかの塩辛
シェフ * 中村孝明
■ 和食/魚介類の料理
SHINSEI SHUPPANSHA (c) NAKAMURA Komei, Mizutani Kazuo 
■ 材料:4人分/調理時間:3日

するめいか…2はい
塩、ゆずこしょう…各適量

[A]
水…400cc
酒(煮きったもの)…50cc
塩…小さじ1
ゆず…適量
作り方
1. するめいかの肝はベタ塩をし、2〜3時間おく。

2. いかの身は皮をはいで開き、[A]に1〜2時間漬ける。水気を拭き取り、風干しする。

3. 肝を水で洗い、開いて中身を裏ごしする。

4. いかの身は細切りにし、肝と混ぜ合わせる。毎日、混ぜて熟成させる。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.