g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
にうめん
にうめん
シェフ * 野崎洋光
■ 材料:2人分/調理時間:20分

そうめん…2把
鶏もも肉…80g
ほうれん草…2束
長ねぎ…1/2本
生しいたけ…2個

[A]
だし汁…600ml
にぼし…5〜6尾
塩…小さじ1/2
薄口醤油…小さじ2
酒…小さじ2





Photo by Hirokazu Mori
料理コンセプト
そうめんは決して夏だけのものでなく、こうして温かいかけ汁でいただくのもよいものです。このだし汁の塩分濃度は0.8%、実に人間の体液と同じ濃さに仕上げています。ですから最初は味が薄いと感じるでしょうが、つゆを飲み干す頃には、ちょうどよい塩加減になっていることに気づくでしょう。しかも、内臓に余計な負担がかかりません。あしらいにはしょうがや柚子をのせて香りよく仕上げてもよいですし、うどんやひやむぎでもおいしくいただけます。
作り方
1. 鶏もも肉は食べやすい一口大に、長ねぎは斜め切りにする。生しいたけは石づきをとる。ほうれん草はゆでて水気を切り、長さ4cmに切る。
2. 鍋に湯を沸騰させ、鶏肉をさっと湯通しして水にとる。ザルに上げて水気を切る。
TIPS こうして鶏肉の臭みやアクを取り除くと、鶏の旨みが出やすくなります。
3. 再び鍋にたっぷりの湯を沸騰させ、そうめんを硬めに茹でてザルに上げておく。
4. 別の鍋にAの材料を入れて強火にかける。沸騰したら生しいたけ、鶏肉を加える。しばらく煮たらにぼしを取り出し、弱火に落とす。
5. 長ねぎとそうめんを加えて味を調える。
TIPS そうめん自体に塩気があるので、最後に味見をして調えましょう。
6. 器に盛り、ほうれん草をあしらって出来上がり。
TIPS 柚子やしょうがをのせると、風味が増しておいしくなります。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.