g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
土鍋ごはん
土鍋ごはん
シェフ * 野崎洋光
■ 材料:3合分/調理時間:60分

米…3合
水…3合





Photo by Hirokazu Mori
料理コンセプト
土鍋の蓋を開けると、もうもうと立ち込める蒸気の中から現れるピカピカの白いご飯。胸いっぱいに吸い込みたくなる甘い香り、パリパリの香ばしいお焦げも土鍋ならではのご馳走です。ご飯のおいしさとは、米が糖化してでんぷんになり、甘みが十分に引き出されること。そのために必要な時間は最低20分。20分以内ではおいしいご飯は炊けません。ポイントは浸水時間をしっかりもたせること、それぞれの家によって火の強さや土鍋の厚さは異なるので、焦げすぎないよう十分注意してください。
作り方
1. 米をボールに入れ、水を注ぐ。指を立てて全体をさっと混ぜ、すぐに水を捨てる。
TIPS 最初は最も汚れた水なので、吸水させないようにすぐ捨てます。
2. 再び新しい水を注ぎ、同様に米を洗っては水を捨てる。にごりが取れたら水をはり、15分浸水させる。
TIPS 今は精米の技術が進んでいるので、あまり研がなくてもよい。洗う程度にして米を割らないように気をつけて。
3. ざるに上げて水気を切り、そのまま15分おく。
4. 土鍋に3の米と同量の水を加えて蓋をし、強火で熱する。沸騰したら吹きこぼれないように火を調節して7分、香ばしい香りが立ってきたら火力を半分に落として、さらに7分炊く。
5. その後、弱火で5分炊き、パリパリッと音がしてきたら火を止める。そのまま5分おいて蒸らせば出来上がり。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.