g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
豆乳雑煮
豆乳雑煮
シェフ * 野崎洋光
■ 材料:2人分/調理時間:30分

豆乳…1カップ
えび…4尾
生麩…1/2本(75g)
ほうれん草…4株
練りごま…大さじ1と1/2
薄力粉…大さじ2
片栗粉(葛粉でも代用可)…適量
薄口しょうゆ…大さじ1と1/2
昆布(5cm×5cm)…1枚
からし…適量
水…2カップ





Photo by Hirokazu Mori
料理コンセプト
栄養が豊富なドリンク・豆乳は料理材料としても大変優秀です。牛乳や生クリームのように、しっかりとコクがありながら、植物性らしいさっぱりとした後口に仕上がります。お雑煮はボリューム感を出すため練りごまでさらに味に深みを出し、えびやほうれん草で華やかさもプラス。ここでは生麩を使いますが、もちろん餅でもOK。お正月はもちろん、普段のおかずにも気軽に楽しめる一品です。
下ごしらえ
薄力粉はダマにならないようにふるう。
作り方
1. ほうれん草の葉だけをちぎり、ゆでて冷水で軽くさらす。水気をきってフードプロセッサーにかけ、ペースト状にする。豆乳を少量加え混ぜる。
TIPS ほうれん草と豆乳をなじませておくと、後で豆乳汁と混ぜやすい。
2. 鍋に練りごまと薄力粉を入れて火にかけ、木ベラでよく練る。豆乳を少しずつ注いでは練り、ホワイトソースを作る要領でなめらかにする。
3. さらに水を少しずつ注いでのばし、1を加え混ぜる。味が足りなければ昆布を入れ、薄口しょうゆで味を調える。
TIPS 沸騰させないよう火加減に注意しましょう。ダマができてしまったら、フードプロセッサーにかければなめらかになります。
4. えびは殻をむいて背開きにし、片栗粉をまぶす。鍋に熱湯を沸かし、えびを熱湯にくぐらせる。丸まって赤く染まったらザルに上げる。
TIPS 片栗粉や葛粉をまぶすと海老の表面に膜ができて、旨みを逃がしません。
5. 生麩はグリル、またはフライパンで表面に焼き目をつけ、4等分に切る。器に3の豆乳汁をはり、生麩、えびをのせる。からしをあしらう。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.