g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
小倉とくるみのふくさ
小倉とくるみのふくさ
シェフ * 野崎洋光
■ 材料:20cm×2本分/調理時間:30分

全卵…1個
薄力粉…150g
砂糖…100g
水…120ml
酒…大さじ1
生クリーム…大さじ1
重曹…小さじ1/2
サラダ油…適量

くるみ…50g
小倉あん…200g





Photo by Hirokazu Mori
料理コンセプト
風味豊かな小倉あんと、しっとり生地が優しく口の中に広がります。時折、プチッと弾けるくるみがアクセント。ふくさ(袱紗)とは、絹やちりめんの小型のふろしきのことで、どらやきの生地を裏返して、あんを包み込んだ形をたとえて名付けられた伝統菓子。小倉あんは市販のものを使い、生地は重曹の力でふんわりと焼き上げられるので、和菓子初心者でも心配なし。ホームパーティなどの手土産としても喜ばれそうです。
下ごしらえ
・ 薄力粉をふるう。
・ 水をしめらせた布かキッチンペーパーを用意する。
作り方
1. くるみは粗く砕いてオーブンで軽くローストするか、フライパンで軽く煎る。小倉あんと混ぜる。
2. ボールに薄力粉と砂糖、重曹を入れ、泡立て器で回し混ぜる。溶き卵、水、酒、生クリームを合わせたものを一気に加えて泡立て器でざっと混ぜる。
TIPS あまり混ぜすぎないこと。だまができたら、万能こし器でなめらかな生地にします。
3. 20cm×20cmの鉄板を熱し、底と縁にまんべんなくサラダ油をぬる。
4. 生地の半量を流して強めの中火をキープ。そのうち気泡が出てくるので、水を湿らせた布で気泡をつぶしながら、中までゆっくり火を通す。
5. 表面が乾いてきたら裏返して軽く焼き、焼き色の濃い方が上になるように巻きすにあげる。
6. 熱いうちに手前1〜2cmあけて1のくるみあんをのせ、ロール状に巻く。2ヶ所を輪ゴムでとめて固定する。
TIPS 1回巻くごとにキュッと押すようにしっかり巻きましょう。
7. 完全に熱がとれたら巻きすをはずし、好みの厚さに切り分けていただく。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.