g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
酒盗のカナッペ
酒盗のカナッペ
シェフ * 野崎洋光
■ 材料:8人分/調理時間:30分

食パン(7枚切り)…3枚
酒盗…大さじ3
全卵…1個
春菊…1/3把
小えび…8〜10尾
香菜…適量
揚げ油…適量





Photo by Hirokazu Mori
料理コンセプト
かつおの内臓の塩辛「酒盗(しゅとう)」を使って、とっておきの酒肴を作りましょう。カリッと香ばしく揚げたパンと、クセのある酒盗が見事に調和して、日本酒や焼酎がすいすい進んでしまいます。ポイントは水っぽくならないように、塩抜きした酒盗や、ゆでた春菊の水気をよく切ること。春菊の代わりに香菜を使ってもおいしくできます。
作り方
1. ボールに水をはり、酒盗を入れて5分おき、塩抜きをする。ざるに上げて水気をしっかり切る。
TIPS 酒盗の塩辛さはメーカーによって異なります。味見をしながら、まろやかな塩加減になるまで塩抜きしてください。
2. 小えびはゆでて2〜3等分する。春菊は塩ゆでして水気をしっかり絞り、みじん切りにする。
3. 小さめのボールに1の酒盗と卵を入れ、泡立て器で混ぜながら80℃以上に温めた湯せんにかける。とろみがついてきたら春菊を混ぜる。
TIPS 最初のうちはシャバシャバですが、そのうち卵液が固まってもったりしてきますから心配しないで。泡立て器は生地を泡立てるためでなく、よく混ぜるために使います。万が一、とろみがつかない場合は極弱火で卵をとろとろの半熟に炒めましょう。
4. 食パンは180℃に熱した揚げ油でこんがりと色づくまで揚げる。
TIPS 高温の油でないと、パンが油を吸いすぎてべったりとしてしまいます。
5. パンの耳を落として6等分し、3の酒盗、えび、再び酒盗の順にのせて出来上がり。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.