g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
きんめだいの海藻蒸し
きんめだいの海藻蒸し
シェフ * 坂井宏行
■ 材料:4人分/調理時間:25分

きんめだい(3枚におろしたもの)…半身
だし昆布…5cm×10cm
わかめ…たっぷり

[トマトオイルソース]
トマト…3個
にんにく(みじん切り)…小さじ1
バジルの葉(みじん切り)…大さじ1〜2
オリーブ油…大さじ4
塩、こしょう…各少々





Photo by SS COMUNICATIONS
料理コンセプト
「料理の鉄人・最終戦」で作った、坂井シェフにとっては思い出深い料理です。『ラ・ロシェル』でも人気のメニュー「オマールえびの海藻蒸し」を、きんめだいに置きかえました。ほんのりと磯の香りが立ちのぼり、オイリーなトマトソースがよく合います。ほかにすずき、たちうおなどあっさりした白身魚を使ってもおいしくできます。蒸すだけの繊細な料理なので、魚は必ず新鮮なものを使いましょう。
下ごしらえ
・わかめを水でもどす。
・トマトを湯むき(=皮むき)する。トマトはヘタを包丁でくり抜く。鍋に湯を沸かし、トマトのヘタ部分を下にして熱湯につけ、3秒たったら引き上げて、すぐ冷水につける。種をとり、2〜3cmの角切りにする。
TIPS あまり湯につけると旨みが逃げてしまうので、すぐに引き上げよう。
作り方
1. 昆布を一度、水にくぐらせる。深さのある耐熱性の器に敷き、上にきんめだいを半身のままのせる。水でもどしたわかめを上から覆うようにかぶせる。
TIPS 昆布の旨みが逃げないように、水にはぬらす程度ですぐ引き上げましょう。
2. [1]に蒸気の上がった蒸し器(またはせいろ)に入れて、15〜20分蒸す。
3. トマトオイルソースを作る。鍋にオリーブ油とにんにくを入れて炒め、トマトを加えて強火で炒める。トマトがしんなりしてきたら塩、こしょうで調味し、バジルを加える。
4. 蒸し上がった[2]に[3]のソースを添える。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.