g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
じゃがいもと黄ニラ青ニラのガレット
じゃがいもと黄ニラ青ニラのガレット
シェフ * 坂井宏行
■ 材料:4〜5人分/調理時間:20分

じゃがいも…3個

[A]
ベーコン(スライス)…2枚
玉ねぎ…1/4個
黄にら…50g
青にら…50g

[B]
パルミジャーノレッジャーノ(すりおろす)…大さじ1
卵黄…1/2個分
牛乳…大さじ1〜2
ナツメグ…少々
塩・こしょう…各少々
サラダ油…大さじ3
バター…大さじ1

[C]
きゅうり…大さじ1
赤玉ねぎ…大さじ1
ピーナッツ…大さじ1
香菜…大さじ1

[D]
赤ワインビネガー…大さじ1
ナンプラー…大さじ1/2
ピーナッツ油…大さじ2
砂糖、黒こしょう…各少々
豆板醤…適量

サワークリーム…適量





Photo by SS COMUNICATIONS
料理コンセプト
忙しい合間をぬって、東南アジアや中東諸国にも出かけるという坂井シェフ。その土地の市場や屋台で出合った気取りない料理を、フランス料理風にアレンジしたのがこちら。 じゃがいもにアジアの香草や香味野菜をたっぷり入れて、ガレット(=ビスケット)仕立てにしました。カリッとこんがり焼いたじゃがいもを、ナンプラーの甘酸っぱいソースでいただきます。冷やしたワインだけでなく、ビールにも合う楽しい前菜です。
作り方
1. じゃがいもは電子レンジに5〜6分、竹串がスーッと通るまでかけ、皮をむく。熱いうちに粗めにつぶす。
TIPS 茹でるよりも水分が抜けてホクホクした食感になります。皮をむくときはタオルを使うとやけどしません。
2. [A]の材料は粗みじんに切って、サラダ油で炒める。
3. [1]に[2]と[B]を入れてよく混ぜる。8等分して厚さ1cmの円形に伸ばす。
TIPS 牛乳を加えると生地が柔らかくまとまりにくくなるので、量は調節しましょう。
4. フライパンにサラダ油とバターを溶かし、[3]を入れ、中火で両面をこんがり焼く。
TIPS バターを加えることで、香りとコクが増します。
5. ソースを作る。 [C]の材料をすべて粗みじんに切り、ボールに入れて混ぜ合わせる。[D]で味付ける。
TIPS ピーナッツはまな板の上におき、ラップの上から麺棒で叩くと飛び散りません。
6. 皿に[4]のじゃがいものガレットを盛り、[5]のソースとサワークリームを添える。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.