g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
パエリア
パエリア
シェフ * 坂井宏行
■ 材料:4人分/調理時間:45分

米…2カップ
小いか…2はい
手長えび(普通のえびでも代用可)…5尾
はまぐり…中10個
ムール貝(殻付き)…10〜15個
トマト…2個
にんにく…2かけ
玉ねぎ…1個
黒オリーブ…15〜20個
白ワイン…1/2カップ
鶏ガラスープ…3カップ
オリーブ油…大さじ4〜5
サフラン…小さじ1
パセリ(みじん切り)…各少々






Photo by SS COMUNICATIONS
料理コンセプト
いまや日本でもすっかりお馴染みになったスペインの米料理「パエリア」。本場らしく、新鮮な魚介類をたっぷり盛り込んで、ダイナミックに作りましょう。この料理はおこげができるパエリア鍋で作るのが決まりですが、鍋が大きくてオーブンに入らない場合は、耐熱皿で代用するのがベター。オーブンでしっかり焦げ目を付けてそのまま食卓に出し、鍋から直接取り分けて食べるのが流儀です。
下ごしらえ
・サフランは50ccの水にしばらく漬けて、十分色を出しておく。
TIPS サフランは水溶性でなのでブイヨンなど脂用性のものには色がとけでにくいので必ず水につけて。サフランの濃い黄色がパエリアを色鮮やかに仕上げます。
・玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。トマトはざく切りにする。
・小いかは輪切り、手長えびは縦半分に割る。
・ムール貝は、殻についた汚れをよく水洗いする。
作り方
1. パエリア鍋にオリーブ油をしき、にんにく、玉ねぎを炒める。はまぐり、ムール貝を入れてしばらく炒め、小いかを加えてさらに炒める。
2. 米は洗わずにそのまま加えて混ぜ、白ワインをふり入れる。強火でアルコール分を飛ばしながら炒め、米が透き通ってきたらスープ、サフランを漬け汁ごと加える。
TIPS 日本の米はスペインのものに比べて料理の最中に割れやすいので、煮詰めていくときはガチャガチャ動かしすぎないように注意しましょう。
3. ひと煮立ちしたらトマト、黒オリーブを入れる。米に歯応えが残る状態になるまで煮詰める。
4. 160℃に熱したオーブンに入れて15分焼き、仕上がる少し前に手長えびを入れ、焼き上げる。最後にパセリを散らす。
TIPS 好みでレモンを絞ってもいいでしょう。魚介類と酸味がマッチします。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.