g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
マンゴープリン
マンゴープリン
シェフ * 譚彦彬
■ 材料:80ccのカップ5個分/調理時間:20分 [固め時間30分〜1時間]

牛乳……50cc
マンゴー……1個
ココナッツピューレ(冷凍・加糖20%)……150g
ゼラチンパウダー……7g
水……大さじ2と1/2強

[A]
カスタードパウダー……10g
水……小さじ2
熱湯……1/2カップ

コンデンスミルク……大さじ2と1/2強





Photo by Hirokazu Mori
料理コンセプト
ぷるぷるの舌ざわりと、果肉の濃厚な味わいが人気のマンゴープリン。スーパーなどでも気軽に手に入るようになりましたが、手作りの味はまた格別です。ここでは、ココナッツを加えて、コクとまろやかさをプラスしていますが、マンゴーは酸味も多い果物ですから、ぜひ完熟したものを使ってください。すべての材料を混ぜるだけで難しい作業はまったくなし、短時間でできるのも魅力です。
下ごしらえ
・ゼラチンは水でふやかしておく。
・ココナッツピューレは包丁で細かく刻む。
TIPS ココナッツピューレが無糖の場合は、砂糖30gを加えてもいいでしょう。
作り方
1. マンゴーをぶつ切りにし、そこに牛乳を加えて一緒にもみつぶす。
TIPS フードプロセッサーを使うと、より舌ざわりがなめらかになります。
2. [A]のカスタードパウダーを水で溶き、沸騰させた湯を加える。刻んだココナッツピューレを入れて完全に溶かし、コンデンスミルクを加えて全体を混ぜる。
3. 蒸気の上がったセイロにふやかしたゼラチンを入れて溶かす。
TIPS 電子レンジや湯煎でゼラチンを溶かしてもOKです。
4. [2]のカスタードに[1]のマンゴー牛乳を混ぜ、溶かしたゼラチンを加えて混ぜる。
5. 型は一度冷水にくぐらせるか、中を霧吹きで吹いてぬらす。
TIPS こうすることで、プリンの表面になめらかなツヤが出ますし、型からも抜きやすくなります。
6. [4]のプリン液を流し入れ、冷蔵庫に30分〜1時間入れて冷やし固める。
TIPS 食べるときは型を一瞬だけ湯につけると、きれいに抜けます。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.