g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
1wp1.html
めかじきのココナッツカレーソース
シェフ * ウルフギャング・パック
■ 材料:2人分/調理時間:40分

めかじき(切り身)…120g×2
塩、こしょう…少々
バター…10g
ピーナッツ油(サラダ油でも代用可)…適量
白髪ねぎ、香菜、ココナッツフレーク(ローストしたもの)…各適量

〔グリーンアロマ〕
玉ねぎ(みじん切り)…10g
にんにく(みじん切り)…10g
しょうが(みじん切り)…6g
サラダ油…少々

〔A〕
カレー粉…6g
ピーナッツバター…14g
チリフレーク(赤唐辛子のみじん切りでも代用可)…2g
砂糖…少々
ココナツミルク…1カップ
ナンプラー…少々
米酢…少々
チキンブイヨン…大さじ4






Photo by Hirokazu Mori
料理コンセプト
ココナッツミルクを使ったまろやかなタイ風カレーソースが味の決め手。ピーナッツバターでさらにコクを加えていますから、辛いと思いつつも、ぐいぐい引き込まれるおいしさです。このカレーソースはパンチのある味なので、脂の少ない白身のめかじきがよく合います。ほかにサーモンや鶏肉を使ってもいいでしょう。難しい作業は何もありませんし、嬉しいことにビールにもぴったり!オリエンタルな香りのライスとともに、ぜひ気楽にトライしてみてください。
バスマティライスの作り方
米1合を洗ってざるに上げ、20〜30分おく。鍋に米と1.3倍の水(約230ml)、クミンパウダー、塩、ターメリック各少々を加えて炊く。炊き上がる直前にバターとレーズン各少々を加え混ぜて出来上がり。
作り方
1. 小鍋にグリーンアロマの材料を入れて炒める。香りが出てきたら、カレー粉、ピーナッツバター、チリフレーク、砂糖を加えてさらに炒める。
TIPS カレー粉は焦げやすいので注意。慣れない人はいったん火から外して作業しましょう。
2. ココナッツミルク、ナンプラー、米酢を加えて、とろみがつくまで煮詰める。
TIPS 焦げつかないように、鍋を揺り動かしながら徐々に煮詰めよう。
3. チキンブイヨンでのばす。
TIPS 冷蔵庫で1週間は日保ちしますから、多めに作りおきしてもよいでしょう。
4. めかじきの水気をよくふきとり、塩、こしょうをする。
5. フライパンにピーナッツ油をひいて熱し、めかじきをソテーする。周りの色が変わってきたらバターを加えて裏返し、焼き汁をかけながら両面を焼く。
6. 皿にバスマティライスを盛り、上にめかじきをのせ、ソースをかける。白髪ねぎ、香菜、ローストしたココナッツを散らして出来上がり。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.