g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
甘えびの天ぷら・カリフォルニア風
甘えびの天ぷら・カリフォルニア風
シェフ * ウルフギャング・パック
■ 材料:4人分/調理時間:20分

甘えび(刺身用)…20尾
塩、こしょう…各少々
パン粉…適量
アジアンサラダ、ジンジャービネグレット…各適量

〔揚げ衣〕
強力粉…35g
薄力粉…25g
ベーキングパウダー…小さじ1/2
コーンスターチ…13g
ソーダ水…カップ1/2
塩…ひとつまみ
カイエンヌペッパー…少々






Photo by Hirokazu Mori
料理コンセプト
衣の秘密は、生地にソーダ水とベーキングパウダーを加えること。揚げる直前に少しだけパン粉をまぶすと、小気味よい歯ごたえもプラスされます。甘えびは英語で「スウィート・シュリンプ」。揚げながら水分をほどよく抜くことでえびの甘みが凝縮され、刺身とはまた違ったおいしさが魅力です。フィンガーフード感覚で楽しめるサイズは、パーティのおつまみにもぴったりです。
ジンジャービネグレットの作り方
チリオイル大さじ2、卵黄1個、香菜のみじん切り20g、しょうがの甘酢漬けの汁50ml、にんにく5gをフードプロセッサーにかける。ペースト状になったらサラダ油180mlを少しずつ加えながら回し、もったりしてきたらOK。

アジアンサラダの作り方
キャベツ50g、赤キャベツ、大葉、ほうれん草各10gをせん切りにする。しょうがの甘酢漬けの汁25ml、チリオイル小さじ1、ごま油小さじ2、サラダ油40ml、塩こしょう少々、白ごま、黒ごま各小さじ1/2を混ぜたドレッシングと和えて出来上がり。
下ごしらえ
・強力粉、薄力粉、コーンスターチを一緒にふるう。
・ソーダ水は冷やしておく。
作り方
1. 甘えびは殻をむき、尾の先端を包丁で切り落とす。塩、こしょうをし、薄力粉(分量外)をはたく。
TIPS 尾の先端を切っておくと、揚げるときに油がはねません。
2. 揚げ衣を作る。ボウルにソーダ水以外の材料を入れ、泡立て器で時計回りに動かしながら全体を混ぜる。最後にソーダ水を加える。
TIPS 時計回りなど一定方向に混ぜると生地に余計なストレスをかけず、なめらかに混ざります。
3. 揚げ衣に1の甘えびを和え、パン粉を少しだけ周りにまぶす。
TIPS パン粉のサクサクした食感をアクセントにします。
4. 160〜170℃に熱した油で揚げる。揚げたらすぐに塩をふる。お好みでジンジャービネグレットを添え、アジアンサラダを盛って出来上がり。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.