g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
パッタイ
パッタイ
シェフ * ウルフギャング・パック
■ 材料:2人分/調理時間:40分

米麺(センレク)…100g
にんじん…15g
白菜…30g
赤キャベツ…15g
ほうれん草…15g
長ねぎ…長さ5cm
卵…1個
しょうが、にんにく(みじん切り)…各小さじ1/3
青ねぎ(長ねぎの青い部分、みじん切り)…小さじ1/3
チリフレーク…小さじ1/3
アメリケーヌソース…100ml
チキンブイヨン…大さじ2
塩、こしょう…各少々
サラダ油…適量
ピーナッツ(塩味のついていないもの)…大さじ2
香菜(ざく切り)…適量

〔A〕
ナンプラー…25ml
砂糖…小さじ1強
水…大さじ2
レモン汁…小さじ1/2






Photo by Hirokazu Mori
料理コンセプト
「パッタイ」は、辛くて甘くて酸っぱい、タイ料理の基本が詰まった伝統の麺料理です。日本の蕎麦やベトナムのフォーなど、アジア麺も大好きなパックシェフ。独自のアイデアで作ったこの一皿はまぎれもなくカリフォルニア・キュイジーヌです。最大のポイントは麺の扱い。ゆでるとコシがなくなるので、必ず水かぬるま湯でもどしたものを使うこと。すぐだんご状に固まってしまうので手早く炒めること。でも芯は残さないこと。シンプルな料理ですが、意外と難しいもの。常に麺をチェックしながら味つけやスープの量を調整してください。
下ごしらえ
・米麺はたっぷりのぬるま湯に10分ほどつけ、全体が白くなって少し柔らかくなったら、ざるにあげて水気をきっておく。
TIPS もどすと150gくらいに増えます。
・〔A〕の材料を合わせておく。
作り方
1. にんじん、白菜、赤キャベツはせん切りにする。ほうれん草は根元を落とし、長さ4cmに切る。長ねぎは斜め薄切りにする。
2. 中華鍋を強火にかける。まわりから煙が立つくらいまで十分熱したら、多めのサラダ油をひき、割りほぐした卵を入れてスクランブルエッグにする。
3. 半熟の状態で1の野菜、しょうが、にんにく、青ねぎ、チリフレークを加えて炒める。
4. もどした麺を加える。塩、こしょうをふり、アメリケーヌソース、チキンブイヨン、〔A〕を入れて麺が半透明になるまでさらに炒める。味見をして、麺に芯が残っていなければOK。
TIPS 麺を入れてから約30秒で一気に仕上げよう。鍋底から返すようにダイナミックに炒めれば、麺がベタっとせずにおいしく仕上がる。
5. 皿に盛り、砕いたピーナッツ、香菜を散らして出来上がり。
アイコンをクリックすると、印刷に適したオリジナルレシピカード[PDF]をダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader 4.0以上でご覧ください。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.