中華料理というと、料理の仕方も 盛りつけもダイナミック、という感 があるが、包丁もまた、ダイナミッ クなものである。和や洋の包丁に 比べ、幅が広く、厚みがあり、重 さ、大きさとも菜切包丁の約2倍。

その大きさゆえに、はじめのうち はおっかなびっくり使っている人 でも、慣れてくれば、こんなに便利 な包丁はないと思うはず。余計な 力を入れなくとも、包丁の重みだ けでストンと切れる。ふつうのキッ チンナイフではとうてい切れない 魚や鶏の骨も切れるし、刃こぼれ することもない。海老や帆立貝を すり身にするのも、包丁の腹を使 えばほんの一瞬。

とくに、照宝の家庭用中華包丁 は、重さにこだわった、というだけ あって、業務用ほどの重さはなく、 かといって軽すぎもせず、という、 まさに絶妙の手ごたえ。料理人に とって使いやすい包丁は「体の一 部」ともいわれているが、この包 丁は、素人でもそんな実感を抱か せてくれる1本なのである。

上製厚刀 刃渡り19.5cm
重さ 440g
販売 照宝

油を使う中華料理の名わき役

ジャーレン(中華玉じゃくし)

\2,730(送料込み)



注文
  
新着情報 メルマガ g-chefについて リンク集 サイトマップ