「母の日」世界各国よもやま話
 母の日といえば、お母さんに日頃の感謝の気持ちをこめて赤いカーネーションを送るのが一般的ですね。ところで、母の日はもともとどのようにはじまったのでしょうか。
 
 諸説あるようですが、古くはギリシャで神々の母リーアに感謝するための春祭りという説。また、17世紀のイギリスでは、復活祭(イースター)40日前の日曜日を「Mothering Sunday」と決め、家から離れて仕事をしている人が家に帰って母親と過ごすことが許されていました。このとき贈り物として、「Mothering cake」というお菓子を用意したそうです。この風習が原型という説もあります。

 現在のような5月の第2日曜日に決まったのは、1900年代のアメリカでのこと。1905年5月9日、アンナ・ジャービスという人の母親が亡くなりました。やがて彼女は、「亡き母を追悼したい」という想いから、1908年5月10日、フィラデルフィアの教会で白いカーネーションを配りました。これがアメリカで初めて行われた母の日だそうです。この風習がアメリカのほとんどの州に広まり、1914年に「5月の第2日曜日を母の日とする」という母の日議案が制定されたのです。

 日本では、1912年(明治45年)にキリスト教の行事として行われたのが最初です。その後、戦前は3月6日の皇后誕生日を母の日としていましたが、昭和24年頃からアメリカにならって5月第2日曜を母の日とすることになりました。

 現在、世界50か国近くに母をたたえる日があります。イギリスのように、アメリカ起源の母の日とは違う日が設けられているところもありますが、それぞれの国や地域ならではの祝い方で、子どもたちは母への感謝の気持ちを表しているようです。
 「母の日」と言われると、「母」についての意味合いが強いですが、母親に感謝をするということは、その母親によって生をうけた自分自身を見つめ直すことでもあります。そして、生を大切にするということは、戦争などによって、人々がその命を奪われることがないように願う日でもあるでしょう。母の日のもうひとつの起源説には、「女性が平和を願う日」という説もあるそうです。


戻る