長生きしたいなら泡盛を飲もう

 沖縄料理は「日本一の長寿料理」といわれています。沖縄の健康食品としてはゴーヤや豚肉などが有名ですが、実は沖縄の特産・泡盛にも長寿の秘密が隠されているのです。
 

 泡盛は黒麹菌を使っていることが一大特徴です。この黒麹菌を利用し発酵したもろみを蒸留してアルコール分を抽出したものが泡盛で、蒸留した後に出る蒸留カスがもろみ酸です。沖縄ではこれをカンジュといい、飼料や肥料に使ってきました。カシジェを食べている豚は赤肉が多いし、流行病にかからないといいます。沖縄の豚がおいしいと言われているのは、このもろみ酸を食べて育っているからなのですね。

 泡盛は非常に歴史の古いお酒です。400年ほど前、琉球王朝がシャム(タイ)と交易をしていたころ、南蛮貿易を通して入ってきました。沖縄には当時からもろみ酸があったわけです。おもしろいのは、一般に夏、酒を造ると腐ってしまいますが、沖縄はあれだけ暑いのに腐らない。これは黒麹菌が発酵する際、大量にできるクエン酸に殺菌作用があるからです。クエン酸というのは、いちばんわかりやすく言えば、梅干のすっぱさです。梅干しも腐りません。沖縄の酒造りはクエン酸の存在下でアルコール発酵させているのです。

 沖縄はクエン酸文化の土地でもあります。昔から2つのクエン酸を食卓に乗せてきました。ひとつは「シークァーサー」というものすごくすっぱい、夏バテ防止の柑橘類です。この酸味がクエン酸です。シークァーサーがない季節の代替えとして飲まれたのがもろみ酸です。クエン酸というのは非常に力のある酸です。もろみ酸を煮詰めて濃縮した真っ黒いエキスを、切り傷に塗るとすぐに治ります。天然の殺菌剤です。

 沖縄の食文化は中国の影響を強く受けています。豚をよく食べるし、チャンプルは油をたっぷり使います。その中国には「油断大敵」と「酢断大敵」という言葉があります。沖縄にも共通するものがあるように思います。体を短命にするといわれる油っこい食事は、もろみ酢や泡盛で中和しているのではないでしょうか。もろみ酢はアルカリ食品ですから、酸化した体が還元されるのです。当たり前のように郷土料理を食べて、郷土のお酒を飲む。それが「医食同源」に通じているなんて、うらやましい限りです。


戻る