現代より豪華!? 江戸時代の花見弁当
 桜の花をめでる花見は、豊臣秀吉の吉野の花見(1594)や、醍醐の花見(1598)など、桃山時代から盛んでしたが、江戸時代には庶民生活に欠かせない行事になりました。
 江戸の桜の名所は、初めは上野でしたが、8代将軍吉宗が庶民の行楽のために、飛鳥山、品川の御殿山、隅田川堤、小金井堤などに桜を植えて花見の名所としました。

 中でも王子の飛鳥山には、享保5、6年(1720、21)に、多くの桜の苗木を江戸城内から移植したので、苗木の成長と共に上野をしのぐ花見の名所となりました。当時の桜の品種は、山桜や江戸彼岸が主でしたが、現在の桜の大半は明治以後に全国に広まった染井吉野ですから、花の眺めにも移り変わりがあるようです。

 そこで気になるのは、江戸の人たちは桜を眺めながら、どんなものを食べていたのか、ということ。日本料理の原型は、江戸時代にはほぼ完成の域に達し、花見に弁当を持参する風習も一般的になっていたと言います。江戸時代に著された料理本『料理早指南』(1801)には、豪華な花見の重詰の作り方が記されています。

 重詰の料理は上中下の3種類がありますが、上の部は次のようなものです。

一の重……かすてら玉子 わたかまぼこ わか鮎色付焼 むつの子 早竹の子旨煮 早わらび 打ぎんなん 長ひじき 春がすみ(寄物) (*「わたかまぼこ」とは、アワビの青わたを入れて作ったかまぼこ)
二の重……蒸かれい 桜鯛 干大根 甘露梅
三の重……ひらめとさよりの刺身に、しらがうどとわかめを添え、赤酢みそを敷く
四の重……小倉野きんとん 紅梅餅 椿餅 薄皮餅 かるかん
割籠(わりご)……焼飯(焼むすび) よめな つくし かや小口の浸物(「割籠」は中に仕切りのある木製弁当箱)

 かなりの豪華版ですね。もちろん、これほど贅を尽くした弁当を持参できるのは、富裕な階層の人々に限られていたのでしょうが、庶民もそれなりに、気張って用意した手製の弁当や折詰の寿司を、風呂敷に包み出かけていったようです。
 
江戸前の魚や地の野菜など、新鮮な素材をふんだんに使い、煮物や焼き物、蒸し物などを彩りよく、中身が動かないようにぎっしり盛り込むのが江戸の花見弁当の身上。当時は貴重品だった卵や砂糖をたっぷりと使った玉子焼きをはじめ、どの料理もしっかり味つけがほどこされ、汁気を残さないよう仕上げられました。江戸料理は三度おいしい、と言い習わされていますが、これは、主人が宴会で食べ、残ったものは折詰にして持ち帰って、その夜奥方がお相伴する。さらに翌日、火を入れたものを子供達が食べる、ということ。日持ちがして、冷めてもおいしくいただけるのが、江戸の味だそうです。
 
会席膳がひとつ器に贅沢に盛り込まれた江戸の弁当は、花見の宴にふさわしいあでやかな彩りだったことでしょう。


戻る