一年の健康は七草粥にあり
 1月7日に七草粥を食べるのは、日本に古くから伝わる慣習です。では、七草粥を食べるという風習は、いつ頃、どのようにして始まったのでしょう。

 一般に、日本の行事の多くは、中国にその起源があります。中国では1月1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を家猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を丑の日、6日を馬の日とし、7日を人の日としていました。元日から6日までは家畜に感謝し、それぞれの家畜にご馳走を与え、7日目に7種の菜をもってあつものとして食べると「万病なし」という信仰がありました。これが七草の由来だと考えられます。

 日本で七草の歴史をさかのぼると、延歴23(804)年の『天皇神宮歴史帳』に記録が残っています。百人一首の中にも、「君がため 春の野に出て若菜摘むわが衣手に雪は降りつつ」という歌があります。
 しかし、ほかの説によると、当時の七草粥は、七草ではなく7種類の穀物で作られていた、とも言います。7種類の穀物というのは、「米、粟、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、小豆」です。この説によれば、現在のように「セリ、ナズナ、ゴキョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」が使われるようになったのは鎌倉時代からだ、といいます。

 七草粥を食べるのは1月7日ですが、その用意をするのは6日の晩のことでした。用意をするときには、まな板の上に火箸、すりこぎ、下ろし金、杓子、割薪菜箸、火吹竹を並べ、七草を刻みながら「七草ばやし」という歌を歌いました。歌詞は、「七草なずな、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に……」というものです。
 この歌に出てくる唐土の鳥とは、鬼車鳥、夜行遊女などとも呼ばれ、正月の夜に女子のいる家を襲う怪物のようなもので、衣に血をかけられると疳になるといわれていました。当時疫病の病原菌は、大陸から渡ってくる鳥が持ってくると考えられていました。その鳥を追い払ってその年の豊作を願う気持ちがこの歌を生み、七草粥と結びついたと言われています。

 お正月は、おせち料理や新年会のご馳走で胃腸が無理をする季節でもあります。無理をして疲れた胃腸をいたわり、不足しているビタミンを補う、という意味でも、七草粥をこの時期に食べることは道理にかなっています。昔からの単なる風習、というばかりでなく、七草粥を食べてその年の健康を祈りたいものです。



戻る