残しておきたい「おとそ」の風習

 日本の年中行事にはいろいろなものがありますが、その中でもお正月は、いろいろな風習が残っています。初参りに行ったり、お雑煮を食べたり、子どもの遊びにも昔から伝わっているものが少なくありません。そんなお正月の風習の中で、比較的珍しくなってきたものに「おとそ(屠蘇)」があります。

 おとそというのは祝儀用の薬酒で、お正月に飲むのはもともと々中国の風習でした。おとそは「屠蘇散」という薬草を調合したものを酒やみりんに浸したもので、正式には「屠蘇延命散」といいます。「屠蘇」の「屠」の字は「邪気を払う」、「蘇」の字は「心身を目覚めさせ、蘇えさせる」という意味です。元来は祝いの席で飲まれたものでしたが、一年の邪気を払い、延命長寿を願って元旦の朝に飲まれるようになりました。

 日本では平安時代の初期、嵯峨天皇の時代に宮中の正月行事として始まったという記録があります。それがだんだん、家内平安幸福を願って一般家庭でも飲まれるようになりました。屠蘇散に使われる薬草は「山椒」「桔梗」「肉桂」などですが、今では薬局などで袋に入ったものが売られていますので、それを買ってきてお酒やみりんに浸して作ります。

 おとその正式な飲み方ですが、元旦の朝、若水(元旦の早朝にくんだ水)で身を清め、初日や神棚、仏壇などを拝んでから、家族全員が揃って新年の挨拶をし、雑煮を食べる前に飲みます。使う器は、朱塗りや白銀、錫などのお銚子と、朱塗りの三段重ねの盃です。
 飲む順番は、若者の生気にあずかって年少者より年長者へ、ということになっていますが、逆に、一家の長から始めて順に年少者へ飲み干していく、というところもあるようです。

 おとそには酒やみりんが使われますから、ブドウ糖、アミノ酸、ビタミンが含まれ、さらに屠蘇散に調合される薬草には強壮、健胃、血液浄化、風邪に強くなるなどの効果があります。ですから、単に延命長寿を願う、という儀礼的な意味のほか、現実に健康に役立つ飲み物でもあります。
 そう考えると、お正月の風習として元旦におとそを飲むことがだんだん少なくなっていくのは、残念なことだと言えるのかもしれません。


戻る