カルパッチョって画家の名前!?
 なんとなく、イタリア料理の前菜、ということは知っているけれど、「カルパッチョとはそもそも何?」と聞かれて、正確に答えられる方はかなりの料理通。 そこで、今回は、カルパッチョのすべてを探ってみましょう。

 カルパッチョが生まれたのは1950年。そんなに昔から食べられていたものではないようです。
 もともとは、イタリアはベネチアにある有名なバーのオーナーが、常連客の伯爵夫人のために作った特別料理でした。伯爵夫人は、医者から厳しい食事制限を言い渡されていました。そこで、バーのオーナーは、薄く切った生の牛ヒレ肉に、マヨネーズとマスタードを混ぜたホワイトソースを網の目状にかけた料理を作ったのです。食べたことのない、おいしい料理に、伯爵夫人は「何という料理?」と聞きました。創作料理を名付けるために、とっさにオーナーの頭に浮かんだのは、ルネサンス期の画家、ヴィットーレ・カルパッチョでした。というのも、その画家は、赤と白の色遣いが特徴の作品が多いのです。そこで、「ビーフ・カルパッチョでございます」と答え、ここから「カルパッチョ」の歴史が始まるのです。(アリーゴ・チプリアー著、安西水丸訳「ハリーズ・バー」より)

 これ以後、料理としてのカルパッチョが広がっていきますが、その間、肉と相性がいいということでマヨネーズ系ソースの代わりに、薄く切ったパルメザンチーズを載せる流行もありました。また、素材も牛肉ではなく、マグロなど魚介類を使ったものも出回り始めたのです。
 その結果カルパッチョは、牛肉に限らず「薄く切った生もの」を意味する料理名へと 変化していきました。

 ではこのイタリア生まれのカルパッチョが、なぜ今、日本で人気があるのでしょう?
 これには二つの理由が考えられます。ひとつは「刺身好きの日本人の味覚にあったため」。ソースの違いを除けば、カルパッチョは刺身と似ています。日本の伝統食と相通じるものがあったからこそ、 急速に浸透したのではないでしょうか。
 もう一つの理由はワインブームです。ワインを飲みながら、新鮮な生ものを食べたいときに、カルパッチョはぴったりです。

 刺身を少しアレンジするだけで、和食がイタリアンに早変わり。刺身を使うので盛り付けとソースの工夫でいろんな味が楽しめます。 家庭でも簡単にできる上に見た目もとても豪華な料理です。ぜひバリエーション豊かなカルパッチョを試してみてください。

戻る