ホワイトデーがあるのは日本だけ!?

 バレンタインデーは、キリスト教の聖人に由来する由緒ある日ですが、ホワイトデーは何となく 「バレンタインのお返し」のような、中途半端な感じがしませんか。

 聖バレンタインは、3世紀頃ローマに実在したキリスト教の司祭です。当時のローマ皇帝は、兵士が家族を恋しがると軍の志気が低下するから、という強引な理由で、兵士たちの結婚を禁止していました。バレンタインは、結婚を望む兵士たちにこっそりと手を貸し、密かに結婚式をとり行なっていたのですが、これが皇帝の知るところとなり、2月14日に処刑されてしまいます。
 2月14日はもともと、古代ローマで行われていた春の祭典の前日で、この日、女の子の名前を書いたくじを男の子が引いて、当たった娘を祭りの間のパートナーにする、という風習がありました。 469年にローマ法王は、この異教徒のお祭りを禁止したのですが、くじ引きスタイルだけは残し、女性の名前の代わりに聖人の名前を引かせて、1年間その聖人にならった生き方をするようにと勧めたのです。
 そして2月14日に殉教した聖バレンタインをこの行事の守護聖人としたといいます。それが時と共に変化し、14世紀ごろには、現在のような形になっていたようです。

 ヨーロッパでは、バレンタインデーは、女性からも男性からも贈り物をする日なので、3月14日のホワイトデーの習慣はもちろんありません。日本にしかないホワイトデー。その起源には諸説あります。老舗の和菓子屋さんが発案した、などいろいろな企業が「自分のところが起源」と主張しているからです。

 その中で、最も有力な説が、キャンディー業界。キャンディー需要拡大のチャンスを狙っていた全国飴菓子工業協同組合の理事長が、オイルショックの前後(1972年頃)に最初に提案したといいます。その後、「マシュマロデー」「クッキーデー」などと呼ばれていましたが、全国飴菓子工業協同組合より全飴協ホワイトデー委員会が組織され、1980年3月14日にはじめての「ホワイトデー」が誕生しました。広告代理店と組んで、本格的キャンペーン『愛にこたえるホワイトデー』が行われ、その後もキャンペーンは継続されて、徐々にホワイトデーが日本全国に浸透していったのです。
 贈り物好きでイベント好きな日本人に、「古くからのヨーロッパの伝統」という物語が加わって、20年以上たったいまでは、すっかり3月の風物詩になっていますね。
 ちなみに「ホワイトデー」というネーミングは、アメの主原料である砂糖の「白」に純情という意味もあることから考案されたと言います。3月14日にしたのは、聖バレンタインが助けた男女が1カ月後に結婚した、という説から。

 ところで、バレンタインデーが「チョコレート」でほぼ決まりなのに対し、ホワイトデーは「何を贈る」というのがあまりはっきり決まっていません。キャンディーやクッキー、マシュマロなどは、もともと言い出した企業のもの。ほかにも、花束や、変わったところでは下着、宝石などを贈る男性もいるとか。今まで訳もわからないまま、義務感だけで「お返し」していた男性の方も、ホワイトデーのことがちょっとわかると、「お返し」探しのこの1週間を楽しめるかもしれませんね。


戻る