ハーブティーで夏バテ防止


 暑くて食欲がないとき、みなさんは何を口にしますか。何も食べる気がしないときは、水をがぶがぶ飲んでいるのでは? 専門家に言わせると、暑いからと冷たいものばかり飲んでいると、かえって体には悪いそうです。暑いときはがまんして、熱いものを飲んだ方がいいそう。そこでお勧めしたいのが、ハーブティーです。

 ハーブティーはカフェインをほとんど含まない、胃にやさしい飲み物です。しかも、心と体の両方に作用すると言われています。ストレスで弱った心が落ち着けば体も楽になる。体がリラックスすれば、ストレスも減る……というわけでしょうか。ですから、ただ飲むだけではなく、香りや味を楽しみながらゆっくりと味わうと心と体にもっといいのかもしれません。
 ハーブによって、効能はいろいろ。体調に合わせてブレンドしてみるのもいいでしょう。いまはお店でさまざまな種類のハーブティーを手に入れられますから、それを利用するのも手です。この季節にお勧めのハーブティーをいくつか紹介しましょう。

ハイビスカス+ローズヒップ・・・疲労回復効果の高いハイビスカスと、運動時に消費されるビタミンCを多く含むローズヒップとのブレンドは、マラソン選手の補給飲料としても使われます。夏バテ防止にはピッタリのブレンドです。

カモミール+ローズヒップ・・・消炎効果の高いカモミールと、ビタミンCを補充するためのローズヒップのブレンド。日焼け、肌荒れ、アレルギーに効果的といえます。

●ブルーマロウティー・・・ホットで入れるとブルーの色がきれいなティーです。これにレモンを一滴加えると、みるみる色が鮮やかなピンクに変身。お客さまを驚かせるのにはぴったりのハーブティーです。

 紅茶とハーブ、オレンジジュースとハーブ、トマトジュースとハーブなど、いろいろなアレンジを楽しむこともできます。私のお勧めは、マロウティーとカルピス。グラスに氷をいっぱい入れて、カルピスを大さじ2杯。その上から青いマロウティーを注ぐと、カルピスの酸味と反応してやさしいピンク色のカルピスができあがります。子供でも飲めるおいしいハーブティーです。
 夏バテ防止には、温かいハーブティーを飲んでいただきたいのですが、アイスでもおいしく飲めます。ミントの葉を浮かべたり、シャーベットにしたりしてもおいしいですよ。

 ハーブティーは香り、味、効能も様々です。まずはいろいろなハーブティーを飲んでみましょう。きっと自分にあったものが見つかるはずです。飲み慣れていない方は、自分の好きな香りや味で選んでみるのが一番!ハーブティーに慣れてきたら、今度は、効能に目を向けて選んでみるのもいいかもしれません。

戻る