おせちにこめられた思いを読み解く

 お正月といえば、やっぱりおせち料理。その起源は弥生時代に遡ります(一説には平安時代に中国から伝わってきた風習とも)。人々は、四季折々に収穫を喜び、豊作・大漁を感謝するために、 生活に節目をつけてお祝いをしていました。節目には、陰暦正月七日、三月三日、五月五日、七月七日、 九月九日の6つがあり、邪気払いや不老長寿を祈願する行事としての色彩が強くなりました。 とくに正月は、新しい年を迎える節であり、もっとも代表的な節として華やかなご馳走を用意したことから、 いつの間にか正月料理だけを「おせち料理」と呼ぶようになったということです。

 おせち料理の献立は、地方により、また各家庭により違いますが、一般的には四重ね重箱で、一段目は煮物、二段目は焼き物、三段目は酢の物、四段目に口取りとなっています。前の年のうちに作り、床の間に置いておき、正月三が日はおせちを食べ、雑煮を主食に、お屠蘇を飲んでお祝いします。

 作り置きができる、ということから、「あまりおいしくない」という意見もありますが、それでも「これだけは毎年食べる」というものもあるのではないでしょうか。おせち料理のひとつひとつに込められている意味もここでおさらいしてみましょう。

● きんとん 【金団】… きんとんは、栗を黄金色 の丸い小判に見立てて、金運祈願の意味が込められています。ルーツは中国。おせち料理の「一の重」で主役格をつとめる栗きんとんと、「マメでお達者に…」の心をこめた豆きんとんは、正月料理に欠かせない一品です。

● くろまめ 【黒豆】… 黒という色は邪除けの色とも言われています。また、まめまめしく暮らせとの願いも込められています。黒豆の料理には、長呂儀(チョロギ)が添えられ ます。シソの一種で、地下茎にできる塊茎を紅色に染めたもので「千代老木」や「長老貫」とも書かれるなど、縁起物として重宝されています。黒豆は、煮汁を多めにしてふっくらと甘めに煮るのが関西風、醤油を加えて甘辛く味付けし、豆の表面にシワが寄るように煮るのが関東風。
黒豆は飲み過ぎの方にぴったりの1品です。レシチンと呼ばれるリン脂質と、色の元であるポリフェノールが豊富に含まれているのです。レシチンは肝機能を高めるほかに、血液中の余分なコレステロールをコントロールし、肝臓に余分な脂肪が溜まらないようにします。また、黒豆特有のポリフェノールには、コレステロールが血管壁に付着するのを防ぐ効果があります。

● こぶまき 【昆布巻】… 「喜ぶ・喜寿」に通じるところから、縁起物として用いられてきまし た。昆布はアルカリ性食品ですから、酸性食品が多い正月料理の中でバランスをとってくれます。

● ごまめ 【田作】… 片口イワシの稚魚を干したものを炒って甘辛く煮詰めたもの。別名、たつくり(田作)とも呼ばれるように、昔、片口イワシの大豊漁に恵まれ、処理に困って田畑の肥料にしたところ、 農作物に豊作をもたらしたことから、田を作る縁起の良いものとされてきました。ごまめは「五万米」という当て字で、五穀豊穣を祈願する意味で供されるようになったと伝えられています。また、小さくても尾頭付きということから、おせち料理に欠かせないのでしょう。

● たい 【鯛】…「めでたい」に通じるとして、昔から祝い膳を飾る魚として親しまれてきました。関西では、にらみ鯛といって、三が日は眺めるだけで、箸をつけてはいけないという風習があります。四日になってようやく、野菜や豆腐を入れて暖かい鍋料理にしますが、これを敷鯛なべといいます。姿焼き、塩焼き、揚げ物、酢の物等どんな料理にしても、その華やかさと風味は、やはり魚の王様といったところでしょう。

● えび 【海老】… えびは尾部を老人の曲がった腰に見立てて、腰の曲がるまで長生きできるようにという、長寿の願いを込めた縁起物です。また、脱皮を繰り返しながら成長して行くことから、発展・成長の意味もあり、正月に限らず祝いの膳には欠かせないものとなっています。

● 紅白なます 【紅白鱠】… 神聖な色「白」と慶事の色「紅」を大根とにんじんで表したものが紅白な ますです。昔から保存食として、殺菌効果の大きい酢をたっぷり使うのが特徴。
なますは、おせちの中で唯一、生で食べる食材です。人参に含まれるβカロチンや大根に含まれるビタミンCが風邪などの予防に効果があります。また、お酢に含まれる酢酸やクエン酸が、疲労回復や肝機能の向上を促します。

● おにしめ 【お煮しめ】… おせち料理は農作物の収穫を神に感謝したことから発しているように、 本来、にんじん、大根、里いもなどを中心としたお煮しめ料理が主体でした。それだけに、どんなに 時代が変わっても、どんなに新たな食材が登場しても、お煮しめがおせちの基本であることに変わりはあり ません。関東のお煮しめは、つやつやとした照りが出るまですっきり煮きり、濃い目の味付けをするのが特徴で、関西は上品な味わいの含め煮が主となります。

● 紅白かまぼこ 【紅白蒲鉾】… 板付き蒲鉾の場合、その断面の形から日の出蒲鉾ともいい、新しい門出を象徴する料理として位置づけされています。ちなみに紅は魔除けを、白は清浄を表しているといわれています。

● だてまき 【伊達巻】… 伊達巻は、えびや白身魚のすり身を入れ卵焼きを太く巻いたものです。 伊達巻はもっぱら関東のもので、関西ではほとんど巻きません。昔、伊達政宗がひらめのすり身に鶏卵を 混ぜて焼いた「平玉子焼」を非常に好んだことが名称の由来といわれています。

● かずのこ【数の子】…子孫繁栄を願う数の子。これには、青魚に多く含まれているDHAやEPA、さらに亜鉛が多く含まれています。亜鉛には皮膚 障害や免疫力の低下、精力減退といった症状を回避する働きもあります。

 今度のお正月は、ひとつひとつの料理にこめられた意味を考えながらおせち料理を食べてみてください。きっと楽しいですよ。


戻る